読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬耳LOG

その日の気分で選んだ本をゆる~く紹介 (時々、漫画)

2010年直木賞受賞作 『小さいおうち』 中島京子

こんにちは! 今日は山田洋治監督で映画化もした、「小さいおうち」を紹介します。 小さいおうち / 中島京子 (文春文庫) あらすじ 昭和初期、女中奉公にでた少女タキは赤い屋根のモダンな家と若く美しい奥様を心から慕う。だが平穏な日々にやがて密かに“恋…

官能的な文章で紡がれる 『雪国』 川端康成

お疲れ様です! 今日は、川端康成の『雪国』を紹介します。 季節は夏ですが、冬の物語もまた一興ということで… 雪国 / 川端康成 (角川文庫) あらすじ 頑なに無為徒食に生きて来た主人公島村は、半年ぶりに雪深い温泉町を訪ね、芸者になった駒子と再会し、…

今を生きる全ての人へのエール!『サラバ! 上・下』 西加奈子

こんにちは! 今日は、2015年本屋大賞で2位、第152回直木賞受賞の 著者初の長編小説『サラバ!』を紹介します。 サラバ!上・下 / 西加奈子 (小学館) あらすじ 1977年5月、圷歩は、イランで生まれた。父の海外赴任先だ。チャーミングな母、変わり者の…

【後編】ハルキストではないが彼の作品は「悪くない」。『羊をめぐる冒険』 村上春樹

こんにちは! 今日は前回の記事で書ききれなかった本題の『羊をめぐる冒険』の読書感想を書きます! 前編はコチラ☟ inumimilog.hatenablog.com 羊をめぐる冒険 / 村上春樹 (講談社) あらすじ あなたのことは今でも好きよ、という言葉を残して妻が出て行っ…

【前編】ハルキストではないが彼の作品は「悪くない」。『羊をめぐる冒険 』 村上春樹 

こんにちは! 今日は好き派と嫌い派、なぜか両極端に分かれる村上春樹作品を紹介します。 羊をめぐる冒険 / 村上春樹 (講談社) あらすじ あなたのことは今でも好きよ、という言葉を残して妻が出て行った。その後広告コピーの仕事を通して、耳専門のモデル…

「死」と向き合う 『キッチン』 吉本ばなな 

こんにちは! 今日はあの不朽の名作を紹介します。 キッチン / 吉本ばなな (新潮文庫) あらすじ 私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う―祖母の死、突然の奇妙な同居、不自然であり、自然な日常を、まっすぐな感覚で受けとめ、人が死ぬことそして生…

2016年本屋大賞受賞!『羊と鋼の森』 宮下奈都 

こんにちは。 GW中に読むと宣言していた『羊と鋼の森』。 持ち歩いていたけれどなんだかんだで全く読むことが出来ず、 結局昨日読み終わりました!やっと紹介できます~! 羊と鋼の森 / 宮下奈都 (文芸春秋) あらすじ ゆるされている。世界と調和している…

「犬耳LOG]はAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。