読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬耳LOG

その日の気分で選んだ本をゆる~く紹介 (時々、漫画)

そして誰もいなくなった / アガサ・クリスティー ミステリ入門に最適の一冊

こんにちは!

みなさん、ミステリって普段読みますか?

私は大好きです。ドロドロならドロドロなほど好きなタイプです。

(昔からの因習が根強く残った村で起こる殺人事件とか…時代設定が昭和初期~戦後くらいだと尚良し。)

と、 私の好みは置いといて…

もしあまりミステリ読まないな~っていう人がいたらぜひオススメしたいのが

今日紹介するこの本です!

 

そして誰もいなくなった / アガサ・クリスティー (早川書房) 

 

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

あらすじ

 

その孤島に招き寄せられたのは、互いに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が響く……そして不気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく!強烈なサスペンスに彩られた最高傑作。 「そして誰もいなくなったアガサ・クリスティーより引用

 

感想

 

この本、ミステリ好きでなくとも一度は聞いたことがあるはずです。 

名作中の名作。作者はミステリの女王、アガサ・クリスティーです。

とても有名な作品ですが、意外と読んだことがないよという人も多いのでは?

それもそのはず、出版年が1939年、日本だと昭和14年のそこそこ古い作品です。

しかしこの本にはいまだ色あせることがない面白さがあるんです。

そんな昔の本、読みにくいのでは?と思うかもしれませんが、

今は新訳が出ていますので、そんなこと全然ありません。

ちなみに私は青木久恵訳のものを読みました。

 

この「そして誰もいなくなった」は、いわゆるクローズド・サークル&童謡殺人(見立て殺人)の代表作です。

 

ちょっとここでミステリ用語を解説!

 

クローズド・サークル

クローズド・サークル(closed circle)とは、何らかの事情で外界との往来が断たれた状況、あるいはそうした状況下でおこる事件を扱った作品を指す。

過去の代表例から、「吹雪の山荘もの」「嵐の孤島もの[1]」の様にも呼ばれる。クローズド・サークルは「密室もの」ではあるが、部屋・家といった狭い舞台ではなく、災害にあった孤島・雪山などの「広義の密室」を舞台にした作品の場合を指すことが多い。

クローズド・サークル - Wikipedia

 見立て殺人

見立て殺人(みたてさつじん)とはあるものに見立てて事件が装飾された殺人のこと。殺人が絡まないものも含めて単に「見立て」とも言い、推理小説におけるテーマの1つである。

見立てる対象によって「童謡殺人」「筋書き殺人」などとも呼ばれる。

見立て殺人 - Wikipedia

 

ザ・ミステリーですね~

定番過ぎ!と思うかもしれません。

それもそのはずで、巷にはこの「そして誰もいなくなった」に影響を受けている作品がうじゃうじゃあるからです。

有名なところでいうと、横溝正史の「悪魔の手毬歌」とか、綾辻行人の「十角館の殺人」とか金田一少年とか影響を受けているそうです。

ミステリの古典ですね。

この本に関しては、ぜひ前述のあらすじ以上の知識を持たずに読んで欲しい。

紹介すると言っておきながら申し訳ないのですが、今回はここまでといたします。

 

ミステリ入門には最適の一冊ですので、ぜひ読んで、ミステリファンになっていただきたいです。

 

そして、この「そして誰もいなくなった」を読んだ方、あるいは既読の方。

次にぜひ読んでほしいのが、綾辻行人の「十角館の殺人」です。

というわけで、次回はこの十角館の殺人」をご紹介します。

それではまた!

 

 

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

 

「犬耳LOG]はAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。