読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬耳LOG

その日の気分で選んだ本をゆる~く紹介 (時々、漫画)

【漫画】 涙無しでは読めない、感動の夫婦の物語。『千年万年りんごの子』 田中相

漫画 ファンタジー 恋愛 家族

f:id:inumimilog:20160701154256j:plain

 

千年万年りんごの子(1)~(3)  / 田中相 (講談社

 

 

 

あらすじ

 

親を知らない夫。りんごと育った妻。夫婦は、りんごの村の禁忌を破った。雪深いりんごの国に婿入りした雪之丞。昭和の激動から離れ、北の家族と静かに巡る四季は親を知らない彼の中になにかを降り積もらせてゆく。それは冬、妻の朝日が寝込んだ日。雪之丞の行動が、りんごの村に衝撃を与えた。りんごの時間が動き出す、田中相初連載作!

Amazon CAPTCHA

 

感想

 

物凄い作品です。

泣きました。目が腫れるほど泣きました。

田中相の作品は初めて読みましたが、これまたITANに連載していた漫画のようです。

ITANすごいな!

 

ストーリー

時は昭和。

主人公は雪之丞という青年。

彼はお寺の息子だが、両親・兄とは血が繋がっていない。

赤ちゃんの時に寺の前に捨てられていたところを両親に拾われ愛情深く育ててもらった。

しかし彼は何かをあきらめたかのような、飄々とした青年に育った。

そんなある日、雪之丞のもとに婿入りの話が来る。

お見合いの席にいたのは雪国のりんご農家の娘、朝日だった。

ふたりは特に好き合ったわけではなかったが、それぞれ運命を受け入れるように結婚する。

東京から雪国のりんごの村に婿入りした雪之丞は、

朝日の家族と共にりんご作りに勤しむ日々の中で幸福を感じていく。

そして、いつのまにか朝日に惹かれていく自分に気づく。

しかしある雪の日、朝日が風邪で寝込んでしまう。

他の家族が家にいない中、雪之丞が良かれとして朝日にした行動は、

このりんごの村の禁忌だった。

朝日は因習の犠牲になってしまうのか。

古からの土地神を呼び起こしてしまった雪之丞は朝日を救うことができるのか。

 

…と、これ以上はネタバレになるのでここまで!

 

日常に起こる怪奇

最初は、りんご農家に婿入りした青年の農業奮闘記漫画か?と思わせるようなほのぼの感。

なにしろ絵が綺麗だし、セリフもシンプルでいいかんじ。

しかし油断していると、あの禁忌を犯してしまった雪の日からの展開にびっくりします。

ファンタジーだったんだ!と。

いや、日本人の私たちにとったらファンタジーというよりかはホラーに感じるかもしれない。

雪国の村に伝わる因習、土地神への信仰。

普段はあたたかい村人が、禁忌については雪之丞に教えてくれない閉鎖的な部分。

朝日の身に起こる異変。

日常を営みながらも確実に夫婦を追い込んでいく怪奇。

東京出身の雪之丞はそんなことがあるわけないと思いながらも、

確かに起こる不思議な出来事を認めざるを得ない。

とても怖いです。

怖いというよりかは、畏怖。

 

キャラクターが魅力的

田中相の描くキャラクター、全員とても魅力的なのです。

雪之丞の両親と兄もとてもいい人たちだし、

朝日の家族や幼馴染もすごくいい味を出している。

そしてもちろん、雪之丞と朝日はとっても魅力的。

この夫婦がすっごく好きになりました。

好きすぎて、この2人のハッピーエンドを願わずにはいられませんでした。

最終巻(3巻)は泣きながら読みました。

 

おわりに

この作品は全3巻です!

一気に読み切ることができると思います。

果たして、雪之丞と朝日はどうなるのか、ぜひ確かめてみて下さい。

本当にオススメの漫画です!

 

「犬耳LOG]はAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。