読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

犬耳LOG

その日の気分で選んだ本をゆる~く紹介 (時々、漫画)

【漫画】 もうすぐ3巻発売予定!人間社会の本質を描く。『ランド』 山下和美

f:id:inumimilog:20160708145412j:plain

 

こんにちは!

今日は『天才 柳沢教授の生活』や『不思議な少年』で有名な山下和美

現在連載中の漫画、『ランド』を紹介します。

現在単行本は2巻まで出ていて、今月の7/22に3巻が発売予定です!

 

ランド (1)~(2)/ 山下和美  (モーニングKC)

 

 

 

あらすじ

その村では、人は必ず50歳で死を迎える。村人を縛るしきたり、「あの世」と呼ばれる山の向こう。双子の姉を生け贄に捧げられた少女・杏。
獣の皮をかぶった役人達が取り仕切る「この世」と呼ばれる村で神に見守られて暮らす人々。そして、不思議な山の民。杏が見つめる先には希望も絶望もある。この物語で描くのは山下和美が抱く、日本という国への不安。 Amazon CAPTCHA

 

感想 

人間社会の残酷さ

 まるで映画を観ているかのよう。

山下和美の最新作『ランド』はそんな壮大な世界観の漫画です。

主人公の杏は、とても好奇心旺盛な少女。

杏の暮らす村には言い伝えがあり、村を四方から囲む山の向こうには村人は決して足を踏み入れない。

かつて人々が豊かさを求め山を切り開こうとした際、神々の怒りに触れ天変地異が起こった恐ろしい記憶があるからだ。

四方には村人から畏れられている「神」がいる。

(神というわりにおどろおどろしいので私には死神に見えてしまう…)

山に踏み入ると、暗くなっても外にいると、その神々から天罰が下ると村の子供たちは教えられる。

また杏は実は双子であったが、杏の片割れの赤ん坊は凶相があると役人に言われてしまう。

双子の父、捨吉は泣く泣く山の神への捧げものとして、その赤ん坊を山に置き去りにするしかなかった。

その赤ん坊のことを忘れないために、その子をアンと名付け、捨吉は自分の眼を潰した。

 

***

 

この作品を読んで人間は残酷な生き物なんだ。と再認識しました。

上記の村を縛る掟は一昔前なら普通に存在していただろうと思う。

(姥捨て山とか双子の迷信とか)

そしてこういうものはきっと、現代でも姿かたちを変えて蔓延っている。

 

杏の行動力

そんな閉鎖的な村で育ったのに、杏は自由奔放。

様々なタブーを飛び越えてしまう。

人が疑問にも思わない、村の風習にも「なぜ」と疑問を持つような子。

そんな杏が村の掟を破ったことにより、今まで隠されてきた真実の片りんが見え隠れし始める。

この物語が全体的に禍々しいオーラを纏っているので、

杏が鷹を使って空を飛ぶシーンは特に清々しく感じる。

杏の存在自体が、この物語のなかでひと際輝いて見えるのだ。

当たり前のことに疑問を抱ける杏。

現代にこそそういう能力が必要なのかもしれない。

 

1巻ラストの衝撃

 ここまで読んでくれた方、とりあえず1巻を読んでみましょう。

1巻のラストに驚愕のヒキが待っています。

 

おわりに

 今日は、『ランド』を紹介しました。

まずは予備知識の少ない状態で読んでほしいので、あまり内容には触れませんでしたがいかがでしたでしょうか。

緻密な絵で彩られる物語にグイグイ引き込まれていくと思います。

当たり前を当たり前に享受して生きる日々。

そんな毎日が続く保証はどこにもないんだと、この物語を読んで思いました。

とりあえず、みなさん選挙に行きましょう。笑

 

7/22に最新刊の3巻が出ます!

あ~早く続きが読みたい!!!

 

 

「犬耳LOG]はAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。